厚木市 心療内科のクリニック原です。うつ病などにお困りの方へ向けた心療内科専門(メンタルヘルス)の医療サイトです。

神奈川県厚木市愛甲1-3-2アクセス
愛甲石田駅 徒歩1分 駐車場完備
0465-24-6201

自律神経失調症

なぜ自律神経失調症はおきるのか

私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働きがあります。この働きを担うのが「自律神経」で、内臓や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての器官を調整しています。 自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という相反する働きをする神経が同居し、この2つの神経が綱引きをしながら働いて、体がバランスよく機能しているのです。交感神経は主に昼間に活動的にさせる働きをし、副交感神経は夜にゆっくりとリラックスさせる働きをしています。ところが、ストレスなどの刺激が長時間続いたりすると、自律神経がそれを排除しようと頑張るあまり、綱引きのバランスが崩れてしまい自律神経失調症を起こすのです。自律神経失調症とはこのバランスが崩れて、頭痛・肩こり・動悸・めまい・倦怠感・腹痛・便秘・下痢・立ちくらみ・耳鳴りなどの症状がでてくるものをいいます。

自律神経失調症にかかりやすい人

真面目で責任感が強い人や、几帳面で心配性の人、内向的な人などは、ストレスの影響を受けやすいので、注意が必要です。体質的には、冷え症や低血圧、虚弱体質、やせている人なども。また、女性に自律神経失調症が多いのは、思春期や更年期、出産後など、ホルモンの変調が自律神経に大きな影響を与えるためです。更年期障害は自律神経失調症の一種ですが、最近は男性にも起こることが学会で発表され、注目されています。40代後半になると男性ホルモンの減少によって自律神経が乱れ、めまいや吐き気などの症状を起こす男性が増えています。自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。 最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科、心療内科などの専門医を紹介してくれるケースが多くなりました。ただし「自律神経失調症だから」と思い込んで放置し、病気の早期発見を逃してしまうケースもあるので、注意して下さい。

自律神経失調症の治療

心療内科では患者さんの症状に合わせて、次のような薬を処方します。

自律神経調製剤

自律神経の中枢に直接作用して安定をはかる薬。原因に精神面が関与しない場合に効果的。副作用が少なく、長期間使用できる。

精神安定剤(抗不安剤)

自律神経の緊張を緩和させ、不安や緊張を和らげる薬。副作用は眠気やめまい、脱力感など。

ビタミン剤

自律神経のバランスを整えるビタミンA、B群、C、Eを処方する。他の薬との併用が基本。

ホルモン剤

更年期の女性や卵巣を摘出して、ホルモンバランスが崩れた女性に、女性ホルモンを補充する。

黄連(おうれん)

精神の不安を抑え、胸のつかえや下痢などにも効果がある。

抑肝散(よくかんさん)

イライラ、神経の高ぶり、不眠症などを抑える。

芍薬(しゃくやく)

神経の緊張を和らげ、高まった血圧や筋肉の興奮を抑制。

その他

抗うつ剤、睡眠誘導剤など。

トップに戻る

Clinic Information

医院名
クリニック原
                                                   
住所
神奈川県厚木市愛甲1-3-2
TEL
046-250-6995
診療科
心療内科 アレルギー科 呼吸器科 内科
院長
原 武史
地図詳細・交通案内はこちら