厚木市 心療内科のクリニック原です。うつ病などにお困りの方へ向けた心療内科専門(メンタルヘルス)の医療サイトです。

神奈川県厚木市愛甲1-3-2アクセス
愛甲石田駅 徒歩1分 駐車場完備
0465-24-6201

過換気症候群

過換気症候群とは

過呼吸発作は、パニック障害の一症状としてみられる場合がおおく、持続的な不安・不満や心理的緊張、怒りなど、気分を興奮させる状況で生じやすく、過労、寝不足、風邪による発熱でも発症は助長されます。

過換気症候群の症状

過換気(過呼吸)とはパニック発作の一種で、息苦しさから、呼吸が激しくなり、血液中から二酸化炭素が出て行って、血液がアルカリ性になり、手足のしびれ・硬直・頭痛等を生じるものです。突然あるいは徐々に呼吸が苦しくなり、しだいに不安がつのり、両手の指や口の辺りがしびれた感覚に襲われます。胸苦しさや死の恐怖などを伴い、ひどい場合は指が痙攣したようになります。また非常にまれですが、意識がモウロウとする場合もあり、この折りには激しい過呼吸の相と無呼吸の相が交互にくり返す状態になったりします。放置すると発作は数10分以上続きますが、決して死ぬことや後遺症を残す事はなく、どんなに強い発作でも、時間とともに必ず軽快していきます。

過換気症候群の原因と対策

過換気(過呼吸)は二酸化炭素の不足が原因にあります。酸素の不足に原因があるとよく間違われ、息をよく吸おうとすると、余計に二酸化炭素が不足し、過換気に陥ります。二酸化炭素を補給しなければならので、自分の吐いた息をまた吸うことです。そこで紙袋などを口と鼻に当てるのです。一度、過換気を起こすと、また起こすのではないかという不安によって、余計に起こすという悪循環に陥ります。過呼吸発作は、一生に一度しか出ない人もあれば、時期によって毎日頻発することもあります。

過換気症候群の症状

① ペーパーバッグ法という、紙袋を口にあて、吐いた空気を再度吸い込むという行為をくり返し、血中の二酸化炭素濃度をあげる方法が一般的です。 ただしこの場合、空気が漏れないようにと紙袋を口にぴったり当てすぎると酸素不足になってしまいますから、少し隙間は作っておきます。

② 突然の過呼吸発作のため不安になって病院に駆け込んでくるような人には、不安が強すぎるためにペーパーバッグ法だけでは発作がなかなか治まりません。このような場合には、精神安定剤の注射が非常によく効きます。

トップに戻る

Clinic Information

医院名
クリニック原
                                                   
住所
神奈川県厚木市愛甲1-3-2
TEL
046-250-6995
診療科
心療内科 アレルギー科 呼吸器科 内科
院長
原 武史
地図詳細・交通案内はこちら